海外旅行を安心して楽しむ!保険選びのポイントを解説

海外旅行は楽しい思い出作りになりますが、万が一のトラブルに備えて海外旅行保険に加入することが大切です。

この記事では、海外旅行保険の役割や種類、選び方、補償内容などを詳しく解説していきます。

安心して海外を満喫できるよう、海外旅行保険に関する知識を深めましょう。

海外旅行保険の基本的な役割と種類

海外旅行保険は、旅行中に発生するさまざまな危険や損害を補償するための保険です。

自宅を出発してから帰るまでの旅行期間が保険の対象となります。海外旅行保険が役に立つケースは以下のようなトラブル時です。

  • 旅行中に発症した病気やケガの医療費や救援者が必要になった場合
  • 旅行者が他人にケガを負わせたり、ホテルの物を壊したりして弁償が必要になった場合
  • 旅行中に盗難や破損などが発生した場合の修理費用や再購入が必要になった場合
  • 飛行機の遅延や旅程の変更に伴う費用が補償されるなど、特定の状況に対するトラブル

海外旅行保険に加入することで、これらに対して、金銭的な補償を受けることができます。

海外旅行保険の種類について

海外旅行保険は、主に3つの種類があります。

パッケージになっている保険

一般的な保険商品で、標準的な補償内容がセットになっています。

手軽に加入できますが、個別のニーズには対応しきれない場合もありますので、パッケージ内容で足りるのかどうかを見極める必要があります。

オーダーメイドの保険

自分の保険ニーズに合わせて補償内容を選ぶことができます。

特定のリスクに重点を置いた保険商品や、加入者の希望に応じたカスタマイズも可能です。

クレジットカード付帯保険

クレジットカードの特典として提供される海外旅行保険です。

一部のリスクに限定される場合があるため、補償内容を事前に確認することが重要です。

海外旅行保険の役割と種類を理解して自分の旅行プランに合った保険を選ぶようにしましょう。

海外旅行保険の補償内容をもっと詳しく解説

海外旅行保険は、不幸な事故やトラブルに備えてさまざまな補償を提供していますが、その主な補償内容について紹介します。

病気やケガの補償

海外旅行中に病気やケガをした場合、医療費や入院費、救援者費用などが補償されます。

また、緊急の医療搬送が必要な場合にもその費用がカバーされることがあります。

病気やケガにより旅行を中断せざるを得ない場合には、帰国費用や旅程の変更費用も補償の対象となることがあります。

他人に対する補償

海外旅行中に他の人にケガを負わせたり、ホテルの物を壊したりした場合、賠償責任が発生します。

海外旅行保険では、その賠償金額を補償することがありますが、賠償責任の制限や限度額は保険会社によって異なるため、事前に確認が必要です。

携行品の補償

海外旅行中にスーツケースやカメラなどの持ち物が盗難にあったり壊れたりした場合、修理費用や再購入費用が補償されることがあります。

ただし、補償の対象や金額には制限があるため、保険契約書をよく確認しましょう。

その他の補償

  • 航空機の遅延による補償
  • 携帯電話の紛失による補償
  • 現地の自然災害による補償

一部の海外旅行保険では、上記のようなトラブルに対しても補償がされることがあります。

ただし、補償の対象や条件は保険会社によって異なるため、契約前によく確認しましょう。

保険契約書には海外旅行保険の詳細な補償内容が記載されているので、契約前に注意深く内容を確認し、自身の旅行スタイルや予定に合った補償内容を選ぶことが重要です。

また、保険料や免責金額なども考慮して比較検討を行いましょう。

海外旅行保険を選ぶ際のポイント

海外旅行保険を選ぶ際には、いくつかのポイントに注意することが重要です。

気を付けるべきポイントを紹介します。

トラブル時に必要な補償が受けられるか

海外旅行保険をかける場合、トラブル時に必要な補償が受けられるかどうかは非常に重要です。海外旅行中には、さまざまな予期せぬトラブルが発生する可能性があります。

例えば、病気や怪我、盗難や紛失、航空便の遅延やキャンセルなどが挙げられます。

海外旅行保険は、こうしたトラブルが発生した際に、医療費や旅行中の支出、航空券のキャンセル費用などを補償してくれるため取り返しがつかないという事態にならないようしっかりと保険を掛けましょう。

被保険者は誰か、人数は何名か

自分が被保険者となるか、または家族や友人を含めた複数の人数が被保険者となるかを確認しましょう。

個人によって求める補償の内容が異なるため、自分の希望に適した保険に加入することが重要です。

家族旅行の場合には、家族分をまとめて申し込むと補償を共有でき、保険料を割引することができます。友人と行く際に、まとめて保険を申し込む場合はしっかりと保険内容を共有してから契約をしましょう。

旅行の期間はどれくらいか

旅行の期間を考慮しましょう。海外旅行保険は通常、補償の期間を限定しています。

もし長期滞在をする予定がある場合には、長期滞在専用の保険を選ぶ必要があります。

これによって、旅行期間全てにおいて十分な補償を受けることができます。旅行当日から日本に帰ってくるまでの期間かけておくことで安心できます。

渡航先の治安や医療事情はどうか

渡航先の治安や医療事情も考慮することが重要です。

現地の治安や交通状況、衛生状況などを調査し、状況に応じて海外旅行保険を選ぶのも良いでしょう。

特に医療費が高額になりやすい地域に行く予定がある場合には、医療費の補償を重視する保険を選ぶことをおすすめします。

保険会社の信頼性やカスタマーサポートの充実度

トラブルが発生した際に、保険会社に連絡が取れなければ困ってしまいます。

そのため、カスタマーサポートへの連絡手段が取りやすいかどうかも考慮しましょう。

保険会社の信頼性を確認するためには、ネットでの評判や口コミを確認するのがおすすめです。

クレジットカードの保険は十分か

クレジットカード付帯保険を利用する場合は、海外旅行保険の内容を確認しましょう。

クレジットカード付帯の保険には多くの場合、制約があります。万全の補償を得るためには、オーダーメイドの海外旅行保険でカバーすることを検討しましょう。

クレジットカード付帯の保険と組み合わせることで、より安心感を得ることができます。

これらのポイントを考慮しながら、自分に最適な海外旅行保険を選びましょう。

海外旅行保険は予期しない事態に備えるものですので、事前の準備をしっかりと行い、安心して旅行を楽しみましょう。

海外旅行保険の申し込み方

海外旅行保険を申し込む方法は、

  • 代理店の窓口を利用する方法
  • インターネットを活用する方法

この2つがあります。

代理店の窓口で申し込むと、 難しい加入条件や付加特約について分かりやすく説明を受けることができます。また、直接相談しながら自分に最適なプランを選ぶことができます。

インターネットで申し込むと自宅から手続きを行うことができます。加えて、インターネットを通じて海外旅行保険に申し込むと、保険料が割引される場合が多々あります。

クレジットカードに保険が付帯されている場合は、それぞれの会社の取り決めによって海外旅行保険の適用条件を満たすことができます。多くの場合は、宿泊費や旅費などの支払いをクレジットカードですることで適用条件に当てはまります。

インターネットでの申し込みがオススメ

海外旅行保険は、窓口でも申し込むことができますが、スマホやパソコンを使える方はインターネットから申し込むのがオススメです。

インターネットでの手続きにより、人件費や用紙代、店舗運営などのコストを削減することができるため、保険料が割引されることが多いです。

また、自宅から申し込むことができるため、じっくり考えながら手続きを進めることができ、自分に合った保険プランを選ぶことができます。

加入者や旅行期間、補償内容などの要件を選択し、カスタマイズすることができ、自分に合った保険内容を自分で選べます。

契約時に、契約内容や保険条項についての詳細をじっくりと確認することもできるので安心感もあります。

契約完了時はメールが自動配信されるため、契約の成立を確認でき、後からメールで内容確認することもできます。

ネットで申し込める海外旅行保険会社紹介

ネットから申し込み可能な保険会社をいくつかまとめました。

損保ジャパン

損保ジャパンでは『新・海外旅行保険off』という名前の海外旅行保険を取り扱っています。

インターネットから申し込むことで、保険料の割引が適応されます。家族割りもあり、24時間365日日本語で対応してくれるカスタマーサポートがあるためもしもの時に安心です。

保険内容については下記の公式ホームページをご覧ください。

→損保ジャパン海外旅行保険公式サイト

エイチ・エス損保

エイチ・エス保険では、『たびとも』という名前の海外旅行保険を取り扱っています。

リーズナブルな保険料が特徴で、年齢別・エリア別に保険料が変わります。家族割りや24時間365日日本語対応のカスタマーサポートもあります。

また、緊急時の連絡がLINE電話でも可能なのも助かります。

→エイチ・エス損保海外旅行保険公式サイト

ジェイアイ傷害火災

JTBグループの保険会社のジェイアイ傷害火災では、『t@biho(たびほ)』という名前の海外旅行保険を取り扱っています。

エリア先・年齢ごとに、それぞれのリスク領域に見合った保険料を設定しています。保険料は低価格で補償内容もカスタマイズしやすい保険です。家族割り、24時間365日日本語対応のカスタマーサポートもあります。

→ジェイアイ傷害火災海外旅行保険公式サイト

東京海上日動

東京海上日動では、『MARINE PASSPORT』という名前の海外旅行保険を取り扱っています。

電話による通訳、ホテルの予約など事故の有無にかかわらずご利用いただける「トラベルプロテクト」や旅行先で何かあったときに様々なサポートが利用可能な「東京海上日動 たびコンパス」など充実のサポートサービスがあるのが特徴です。

24時間365日日本語対応のカスタマーサポートもあります。

→東京海上日動海外旅行保険公式サイト

三井住友海上

三井住友海上では『@とらべる』という名前の海外旅行保険を取り扱っています。

書面申し込みに比べてインターネットからの申し込みは割安です。「キャッシュレス・メディカルサービス」を行っており、海外現地で治療費が必要になった場合でも、窓口での治療費支払いは不要で治療を受けることができます。

24時間365日の事故受付サービスも充実しています。

→三井住友海上海外旅行保険公式サイト

これらの保険会社以外にもネットで申し込める保険会社はあります。自分に合った保険会社を選び万が一に備えましょう。

まとめ

海外旅行保険は、旅行中のさまざまな危険や損害に備えるための重要な保険です。

自分に合った補償内容を選び、家族割引やインターネットからの申し込みでお得に加入することが可能です。

事前に保険の内容をよく理解し、自身の旅行計画に合わせて最適な保険を選択することで、旅行中の安心感と安全が得られます。

海外旅行を楽しむ前に、海外旅行保険の手続きを済ませましょう。

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.